毎日をていねいに暮らしたい人のための  持ち家・持ちマンションを長持ちさせるコツ

建築リフォーム・リノベーションの日々で、気づいたことや感じたことを載せていきます。

安全・安全シェルターという考え方

 

耐震対策として

家の中で、安心・安全シェルターを確保するという考え方があります。

 

よく例に上がるのは、トイレ

小さな空間の4隅に柱があり、潰れにくいと言われています。

 

シェルターという考え方は、あくまでも命を守るためのもので、

家を守る発想ではありません。

ただ、家全体を耐震補強するのには、とてもコストがかかります。

なので、家の中の一部分を補強しておくという考え方になります。

 

1. みんなの集まるリビング

2. 洪水の心配を配慮して2階の一部屋

3. 逃げるのに時間のかかる年配者の部屋

 

上記のような一部分に耐震補強をしておくことで、家族がそこに避難できる

状況を作ることが出来ます。

 

耐震対策をした一部屋に、水や防災用具を置いておく場所として使うことで

さらに安心な空間を確保できると思います。

 

 

 

ホームページ

https://www.livefull.website/

 

江戸川産業ナビ

https://edogawanavi.jp/shop/102412/

 

まいぷれ江戸川

https://edogawa.mypl.net/shop/00000359941/

 

ジモティ

https://jmty.jp/tokyo/ser-liv/article-9zocb

 

#住宅リフォーム

#店舗リフォーム

#オフィスリフォーム

#保育施設リフォーム

#住宅設計

#店舗設計

#オフィス設計

#保育施設設計

#オーダーメイド家具

#インテリアコーディネート

#楽しむリフォーム

#長持ち

#ていねい

#耐震診断

#地震

#耐震対策

#シェルター